キャッシングの審査に通らない理由

キャッシングの審査に通らない理由

キャッシングの審査に通らない理由

キャッシングにあたっては、金融業者は、借り手が返済をしてくれるかどうかが非常に不安なのです。
そこで、返済能力をしっかりと持っていることを確認するために、審査を行うのです。
審査では、いろんな点が見られます。
まずは、書類審査です。
運転免許証や健康保険証などの本人確認書類や、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書の提出が求められます。
次に、在籍確認も、キャッシングの審査においては非常に大事なポイントになってきます。
申込者が、本人の申告しているとおりの会社に勤務しているかどうかは、必ずチェックされます。
一般的には、担当のスタッフが勤務先に電話をかけてきて、申込者が本当に勤務していることを確認します。
申込者本人が電話に出たときは、本人確認のため、住所とか生年月日を尋ねられるだけで終わりです。
最も重要なのは、信用情報の審査です。
信用情報とは、クレジットカードやキャッシングの利用履歴のことを意味します。
いま現在の他社からの借入のことだけではなく、過去に行った借入や返済の記録も見られます。
もし、過去に返済が遅れていたとか、債務整理を行っていた記録があれば、通らないこともあります。
具体的には、他社からの借入件数が4件以上あれば、通らない可能性が高くなります。
あるいは、他社借入金額合計が、申込者の年収の3分の1を超えている場合とか、1ヶ月以上の返済滞納歴がある場合も、審査に通らない恐れがあります。
債務整理の過去があれば、ほぼ100%通らないと考えたほうがいいでしょう。
このような事情があれば、キャッシングを申し込んでも審査に通らないことは少なくありません。